屠殺場がなくならない限り、戦場もなくならない。
レオ・トルストイ(1828〜1910)
「死体の晩餐」より
GO VEGAN!.jpg
・・・・・
〜大切なお知らせ〜
・・・・・
【一時休業のお知らせ】
2019年6月17日(月)をもちまして、福岡市城南区にある現店舗での営業は終了させていただきます。 12周年をこの地で…と閉店時期を8月まで延期する所存でしたが事態が好転することなく、やむを得ず本日の一時閉店とさせていただきました。 皆さまへの告知が遅くなりましたこと、本当に申し訳ありません。どうかご理解、ご容赦いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
ヴィーガンというまだ広く認知されていない店ながら、全国各地、また海外からたくさんのお客さまがご来店くださり、微力ながらここまで12年間お店を続けて来られたことは奇跡に近いのかもしれません。一時閉店のお話をさせていただいた後は皆さまからあたたかいお言葉、励ましのお言葉をかけていただき、どれだけ私たちの心の支えになったか計り知れません。
本当にありがとうございました!
ただ、今日で終わりではありません。 私たちだけの力では道が拓けなかった移転の問題もおかげさまでなんとか明るい見通しが立ってきました。 少しの間お休みをいただくことになりますが、新天地となる糸島(JR一貴山駅すぐ)にて、早くて11月、遅くとも年内中の営業再開に向けて準備してまいります。 詳細はひるねこのFBページにて随時ご報告できればと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
12年間のご愛顧、本当にありがとうございました!
・・・・・

2012年06月14日

生きた証

s-023.jpg 

ちょうど半年前のこと、その日はどうしても朝のうちに両替にでかけなければなりませんでした。
いま思えばとても稀で不自然な状況。
仕込みがひと段落して銀行まで自転車で出かけようとしたそのとき、「ドーン」という聞き慣れない音。
何の音かも分からず、気になりながらも先を急ごうと通りに出た瞬間、ふと目に飛び込んできた光景は店の前の3車線の通りの真ん中で車に轢かれた猫の姿でした。
車の往来を止めて慌てて駆け寄り抱きかかえたものの、口元からは出血もあり即死でした。

その猫は小さい頃から店の近くでよく見かけてた子で、私たちにもだいぶ慣れていました。
2、3ヶ月のあいだ姿を見ないので少し心配していたのですが、久々に戻ってきた矢先の出来事。
まだ若いのに、あんなにたくましく生きてきたのに…。
あまりに突然のことに言葉もなく、ぐったりと横たわるまだ温かいその体を抱きしめながら、いろんなやりきれない気持ちがこみ上げてくるのをただただ堪えることしかできませんでした。
車の運転手は何か感じたのかな…、
あれだけの衝撃なら気付かないはずはないんだけど、そのまま通り過ぎちゃったかな…、
通りすがりの猫のことなんて、何も思わないかな…、
もしあのタイミングで僕が外に出かけなかったら、車に再び轢かれる前に誰か助けてくれたかな…、
この子の死を他に誰が悲しんでくれるのかな…、
なんて。

野良の猫に通りを横断するなと言うのは無理な話だけど、いまの社会はどうぶつたちにとって過ごしやすい環境とは曲がりなりにも言えないと世界です。誰かが手を差し伸べないと失われるいのちがごまんとあります。
やりっ放しは確かにいけないとは思いますが、誰かに任せ、見て見ぬふりをして、いざとなれば責任を押し付けてといった具合では救われるいのちも救われないと思います。
時にはまわりに迷惑がかかることもあるでしょう。
でも、そのまわりの人々の理解とわずかな協力、あたたかく見守るこころで多くのいのちが救われるというなら、それこそが共存の道といえるのかもしれません。

私たちは彼を‘元気’と呼んでいました。
彼が生きた証は私たちのこころに深く刻まれ、けっして忘れることはないでしょう。ありがとね、元気。

そしてまた新たないのちの育みを見守りながら。

s-024 - コピー.jpg
posted by 喫茶ひるねこ at 23:13| Comment(0) | よもやま話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

〜ご支援のお願い〜
faha.gif
faha-1.gif
縁あってお付き合いさせていただいてる、どうぶつ保護のボランティア団体です。おふたりで別の仕事をしながら活動されているのですが、寝る間も惜しんで犬と猫(現在、施設に60匹以上)の保護や日常の世話をされていて、体力的・精神的にも手一杯の状況です。それでも福岡はもちろん、遠くは北九州まで、保健所の捕獲が入ったと聞けば車をすっ飛ばして救出に向かわれるような人たちです。多くの方々に支えられてはいるものの、現場で汗水流して奔走されているおふたりの負担を少しでも減らすためにも、みなさんの励ましの声と、ご支援をよろしくお願いします。
〜近況報告日記〜
〜支援物資のお願いと送付先〜
〜ご寄付のお願いと送付先〜
〜賛助会員さまの募集〜
・・・・・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜菜食と環境問題の関連性について〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜世界で一番重要なスピーチ〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜肉食主義を離れ理性的で正統の食餌選択を〜
メラニー・ジョイ
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜ヴィーガンって何?〜
〜アニマルズジャパン〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜Devour The Earth(地球を貪り食う)〜
Devour The Earth (PART 2)
Devour The Earth (PART 3)
ぴかぴか(新しい)ベジライフがエコな理由をご参照くださいぴかぴか(新しい)
※ナレーション:ポール・マッカトニー
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・