屠殺場がなくならない限り、戦場もなくならない。
レオ・トルストイ(1828〜1910)
「死体の晩餐」より
GO VEGAN!.jpg
・・・・・
〜大切なお知らせ〜
・・・・・
2007年7月にオープンした「ひるねこ食堂」、玄米菜食の「食事」を中心としたメニューで営業してまいりましたが、2015年10月より「喫茶ひるねこ」としてリニューアルしております。
メニューも一新、「珈琲Chiba」より仕入れるオーガニックコーヒー「ひるねこブレンド」をはじめ、ベジバーガーやヴィーガンスイーツなど、これまでと変わらぬ「ひるねこ」の味を気軽にお楽しみください。
・・・・・
〜お弁当のご予約を承ります〜
玄米菜食のお弁当(700円)です。前営業日(定休日含まず)夕方までのご注文でご準備いたします。数量は1個からOK!
・・・・・
〜ご支援のお願い〜
faha.gif
faha-1.gif
縁あってお付き合いさせていただいてる、どうぶつ保護のボランティア団体です。おふたりで別の仕事をしながら活動されているのですが、寝る間も惜しんで犬と猫(現在、施設に60匹以上)の保護や日常の世話をされていて、体力的・精神的にも手一杯の状況です。それでも福岡はもちろん、遠くは北九州まで、保健所の捕獲が入ったと聞けば車をすっ飛ばして救出に向かわれるような人たちです。多くの方々に支えられてはいるものの、現場で汗水流して奔走されているおふたりの負担を少しでも減らすためにも、みなさんの励ましの声と、ご支援をよろしくお願いします。
〜近況報告日記〜
〜支援物資のお願いと送付先〜
〜ご寄付のお願いと送付先〜
〜賛助会員さまの募集〜
・・・・・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜菜食と環境問題の関連性について〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜世界で一番重要なスピーチ〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜肉食主義を離れ理性的で正統の食餌選択を〜
メラニー・ジョイ
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

2016年03月31日

ファームステイの魅力。

「福岡市海づり公園」近くにある「ミノリ・アン」さん。
自然農による無農薬・無肥料での野菜づくりを営む「ミチコ・ファーム」に併設するかたちで、平成16年3月からの12年間にわたり、自然農穀菜食の店「農家レストラン」として営業されてきましたが、この4月より営業形態を変更され、自然農の暮らしを体感する宿「ファームステイ ミノリ・アン」として再出発されることとなりました。

「ミノリ・アン」さんといえば、自然農育ちの野菜を使った純菜食、創作料理の店として、全国に多くのファンがいらっしゃる大先輩。その繊細かつアーティスティックな料理の数々に魅了された方は計り知れません。
そんなファンの一人としてはこれまでのような料理がいただけなくなることは誠に残念でもあります。
ただ、本来の「暮らし」とは、現代社会での生活のようにいろんな局面を切り離しては考えられないもっと一貫したもの。そういった意味で、この「ファームステイ」は、生産者と消費者、食事を作る側と食べる側、などのいつの時代からか分け隔てられた枠組みを取り払い、人々が忘れつつある「自然の恵みを感謝していただく」といったシンプルな行為に立ち返って「食」というものを見つめ直すいい機会の場になると思います。

土に触れて大地を感じ、野菜の収穫を通じて自然の恩恵を学び、下処理から片付けまでの調理に要する手間を経て初めて「食事」となるを知る。都会生活ではなかなか味わえない非日常的な経験は何よりの財産となりますね。
ぜひ、家族水入らずな時間を作って
新しい「ミノリ・アン」にお出かけください!
営業日や料金など詳細は下記HPアドレスよりどうぞ!!

ファームステイ ミノリ・アン
福岡市西区小田578−2
TEL:092-809-2073
http://minori-an.com/

s-008 (2016_03_23 14_19_02 UTC).jpg s-013 (2016_03_23 14_19_02 UTC).jpg
※写真は1月に伺った際の料理から抜粋
※これまでのような食事は終了しています
posted by 喫茶ひるねこ at 03:21| Comment(0) | お知らせ
〜ヴィーガンって何?〜
〜アニマルズジャパン〜
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
〜Devour The Earth(地球を貪り食う)〜
Devour The Earth (PART 2)
Devour The Earth (PART 3)
ぴかぴか(新しい)ベジライフがエコな理由をご参照くださいぴかぴか(新しい)
※ナレーション:ポール・マッカトニー
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・